chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

愛しい人

昨日は、朝と夜の2回会えました😌

朝は彼の仕事の移動中なので数十分。

ギューとチューだけしてバイバイ😢

ほんの少しの時間でも、忙しい時間の合間にも会いに来てくれてほんとにありがたい😭


なのに、なのにー!


数十分では足りなくて、夜にも会えないかお願いしたら


「大丈夫だよ😊」と😢


ほんとに、わざわざ、会いに来てくれました😭

会ってすぐ、



彼「どした?なにかあった?」



わたし「なにもないよ😊会いたくなっちゃったの。ごめんね😣」



彼「謝ることじゃないよ😊」



でもこの日、切ない話にもなりました。

少し前にわたしの体調に変化があった時のこと、彼はすごく自分を責めていました。

結果的になんともなかったんだけど、

だから良かったと考えられない彼。



彼「あのことがすごく頭に残ってて。chiharuのこと大事なのに、大事にしたいのにできてなかった自分が嫌で嫌で。今は、愛の確認作業が怖い。chiharuのこと大切じゃなかったら、簡単な気持ちだったら、軽い付き合いだったらこんなに悩まない。chiharuのことが大切だから軽はずみなことはできないって思ってる。chiharuのことを想う俺の気持ち分かって欲しい。」


と言われました。

わたしはやっぱり、あのときに別れていた方がよかったんじゃないかなという思いがまたグルグル。

彼を解放してあげなきゃいけないんじゃないか。わたしのワガママで彼といちゃいけないんじゃないか。と彼に伝えました。



彼「なんですぐそうなるの!?そうなるってことは、俺の気持ち分かってもらえてないってことだよ。」



わたし「あなたのこと大好きだしすごく大切なの。だから悩んだりせずに、幸せでいてほしい。」



彼「俺はもう幸せだよ!chiharuがいてくれてるんだから。」



私号泣(;_;)



彼「chiharu、俺たちって恋愛だよね?恋愛って、幸せなことばかりじゃない。辛い、苦しいことだってあって当たり前なんだよ。それでchiharuと離れたいとか思わないよ。chiharuといて、苦しいって思ったことはないけどね😊」



わたし、泣きながら彼に抱きつきました。

彼はわたしを強く抱きしめて笑いながら言いました。


彼「ねぇー、俺たち別れられると思う?無理でしょ😌」



なんて優しい声。

ほんとに、優しい。

もうわたしは、不安になることなんて必要ないんじゃないかと心から思えました😌



その後の彼からのLINE。



「chiharuが考え過ぎちゃうことを間違ってるとは思ってないよ😌

chiharuが優しすぎる性格だから自分より相手のことを優先して考えちゃうんだよ😊

俺はそんなchiharuが好きなんだし間違ってるとかって自分を否定しないで😌

俺も色々考えちゃう性格だからchiharuのことはよくわかる😌

似た者同士、噛み合わないときもあるけど😁一緒に考えて、解決していければなぁって思う😊」



本当に、いつもいつもありがとう😊