chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

飲み会...そして

飲み会からのお泊まりしてきました😊

彼は、子供ちゃんが延長部活、そして奥さんが役員会で夜不在のためご飯を作って食べさせるところまでしてきて家を出ることに。

飲み会の前に少しだけ2人で会えたらいいねって話してたけど、もし時間厳しそうだったらそれぞれで会場に向かおうね。と決めていったんLINEは終了。

時間的に先に会うのは厳しいかもなぁと半ば諦めモードで準備もゆっくりしていたわたし。

そしたらすぐに


「出発します😊」


とLINEが‼️

慌ててお化粧をしてバタバタと家を出るわたし。

飲み会前に2人で会えました❤

念入りに打ち合わせして、いざ出発。


飲み会が始まってすぐ



彼「俺chiharuさんの横いかせてください🙋‍♂️」


と名乗り出る彼。

でも周りの人から、ダメダメと言われて結局最初は離れた席に🤣

しばらくお互い飲み会を楽しんで、中盤で彼が隣にきてくれました😊

みんないる中で2人の関係がバレないように会話するって難しいー💦

周りがガヤガヤしてるのをいいことに

二人きりのときのモードになる彼。



わたし「なに飲んでるんですかぁ?」



彼「ですか?敬語?(笑)」



わたし「いや、そりゃ敬語ですよ💦」



彼「大丈夫、誰も聞いてないよ😊」



わたし「いやいやいやぁ」



彼「(小声で)俺だけ飲んでごめんね?」




わたし「ううん😊...はっΣ(´□`;)敬語が💦」



嬉しそうに爆笑する彼。



彼「絡みすぎ?やだ?でも安心するでしょ😊?」



わたし「うん😊」



ずっと見つめあいながら会話してて、周りからもツッコまれる💦



「chiharuさん逃げてー!」とか言われたり🤣



彼はずーーっと



「chiharuさんフーってしてもらっていいですか?」



「chiharuさん可愛いすぎっ」



「俺ね、もう前からchiharuさんは俺にとって神様とゆーか、天使とゆーか、アイドルなんですよ」


とかって周りの人に言いまくる。

おーい。大丈夫かぁとハラハラしてたら彼が



「もー俺なんでこの人と結婚しなかったかなぁ」



とか言い出した‼️

周りも「重っっ」とか言ってた😅

ヒヤヒヤしたけど、その一言は嬉しかったなぁ😌



一次会で帰って早く二人きりになる予定が、なんと一次会終わったの夜中の1時🤣

店の前でグダグダもしてたから彼と二人きりになれたのは結局二時前😓

それからお部屋に行って、お目当てのお部屋が空いていた♡

二人共大好きな和室❤

さぁ!やっとラブラブタイム♡と思っていたら、彼の様子がおかしい。

ずーっと



彼「chiharu俺のことほんとに好き?」



「嫌いになっちゃったんじゃない?」



「さっき途中でほかの人のとこ行っちゃうし。」




「俺ばっかりこんなに好きでバカみたい。」



「好きすぎてどうしていいかわからない。」




「どんどん好きになって苦しいよ」




と言って泣いていました。。

もちろんわたしも号泣😭

いっぱい好きだと伝えても、



彼「うそだね。俺フラれちゃうんだよ。わかるもん。」



と言って聞かない😓

なぜこうなった?笑



そのうちに



彼「旦那さんのことばっか気になっちゃってやだ😢」



「旦那さんが羨ましい。殺したいくらい羨ましい」



「俺自分が怖いよ」



と言ってきて。



もちろん殺すなんてしないけど😅

彼の気持ちが痛いほど伝わりました。

お互いをたくさん求めるようにたくさん一つになりました。



彼「今まで経験したことのない気持ちばかりで戸惑う。なんでくっついてるだけでこんなに気持ちいいの?なのになんでもっともっとくっつきたい、一つになりたいって思うの?」



わたしも、まったく同じ気持ちだよ😌

うれしいな♡



朝はわたしの事情で早く出なきゃいけなくて、結局お部屋にいれたのは3時間半だけ😅

なのに、お互いの気持ちをしっかり確かめ合えた時間でした😌



出発するときに



わたし「さぁ!行くよー」



彼「やだ😔」




わたし「2人のお家に帰るよ♡」




彼「2人のお家、ほしいなぁ。。」



なんて話をしました😌

いつかそのうち、、、そんな日がくるかな😊?




兎にも角にも、彼からの愛をたくさん受け取って、わたしの愛も惜しみなく伝えられた日となりました♡