chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

好きすぎて

昨日、夕方お仕事中の彼からLINEが。



彼「chiharuっ😌」



お仕事中にLINEをすることは珍しいのでびっくり😳

すぐに気付いてよかった😃



わたし「彼さんっ♡」



彼「飲み会何時から?」



わたし「〇時からだよ😊」



彼「そっか😌飲み会前に少し会えたらなぁって思ったけど遅めスタートなんだね😌」



わたし「えっ😢会いたい😢」



彼「ううん、chiharuにバタバタさせるのも嫌だから諦めるよ😌出張先に今夜移動だから早めに向かうことにする😊」



わたし「わかった😭」



彼は、自分はどんな無理だってするのに、わたしには絶対無理させたくないって人で。

いつもわたしが大変じゃないかどうかを考えてくれています。

この日、飲み会はかなり遅めのスタートだったから全然時間に余裕があったわたし。だから飲み会の前に会いたいなぁと思ったのですが、彼も仕事終わりにさらに長時間運転して移動しなきゃだったので、今回は諦めようと思っていました。



しばらくして



彼「これから出発するよ」



わたし「少し電話いい?」



彼「会いたくなっちゃうからやめておく😌」



😭😭😭😭😭😭😭😭


こんな理由で断られるの初めて😢

どーしよう。どーしよう。

彼の本音はどっち?

今なら間に合う?

一か八かで、少しだけでも会いたいと送りました。

もう出発してるなら諦める。

しばらく既読にならず、あぁ、もう運転中かなと諦めていたら



彼「お願いします😢💓」



とお返事が😭‼️

やっぱり彼も会いたかったんだな😢

よかった、諦めなくて😌



すぐ家を出て会ってきました😊



仕事の疲れ、ストレス、わたしの飲み会。で、最初こそ元気ない彼でしたが、わたしを抱きしめて、ずっと手を握ってくれて、チューして、ハグして、

彼がわたしを愛おしいと思ってくれてることが伝わりました😌

少しの逢瀬で物足りなさをかんじながら、彼は出張先へ。

そのあとも電話をしました。



彼「俺さ、chiharuが可愛くてしょうがないんだよ。」



彼「可愛いくてこんな素敵な人がいるなんてって。しかもこんな素敵な人とお付き合いさせてもらえてるなんて、なんて幸せなんだろうっていつも思ってるんだよ😌」



わたし「そんな風に思ってくれてありがと😊」



素直に気持ち伝えてくれて嬉しいな💓


で、そのあとはたわいもない話。

今季のドラマの話で、彼の好きな女優さんの話、わたしの好きな俳優さんの話。

でお互いヤキモチ妬いてギクシャクした空気に😂

こんな空気のまま電話を終わるのが嫌だったので、わたしもちゃんと気持ちを伝えようと思いました。



わたし「彼さん😌」



彼「なぁに😊?」



わたし「好きだよ♡」



彼「俺も好きだよ♡」



わたし「うん😊」



彼「いつもありがとう♡」



わたし「こちらこそありがとう♡」



彼「いつもchiharuのこと想ってるからね💓」




わたし「わたしもいつも思ってるよ💓」



彼「飲み会でナンパされないでね😢」



わたし「大丈夫だよ😊されても無視!だもん😚」



彼「chiharuがナンパについてかないってのは信じてる。ただただchiharuに声をかける男たちに腹が立つの😞俺のchiharuに声かけてんじゃねーよって😡他の男が視界にchiharuを入れることが嫌だ!!」



彼らしい、そしてわたしとそっくりな😂考え方です笑


いつものわたしたちらしくラブラブで電話を終えて、わたしは飲み会へ。

飲み始めてしばらくして彼からLINEが届きました😳



彼「俺の憎き恋敵😡」



と、わたしの好きな俳優さんの写メ😂

テレビに出てたらしい😂



わたし「あなたの方がかっこいいもん💓あなたのことしか見えてない👀💕」



彼「嘘だ😢こっちの方がかっこいい😭」



わたし「あなたの好きな女優さんに対抗したんだよ😓だってあなた、すごい好きって言うんだもん😢」



彼「chiharuの方が全然魅力的だもん😭」



わたし「それは嘘😢」



彼「嘘じゃないもん😭」



って、お互い芸能人に嫉妬って、

おバカすぎて笑えますよね😂😂

でも本人達真剣です笑



最後はちゃんと、大好きだよ♡と送り合いました😊💓



はぁ。

もう、彼のことが好きで好きでたまらない😣

早くデートの日にならないかな😌