chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

距離を置く

またしばらくブログ放置してしまいました😣

みなさんのブログを読みに行くこともできずごめんなさい。


旦那の状態はもう落ち着いていて問題解決済みなのですが、ムラゴンに来ていない間に彼と揉めていました。

もう終わりになるだろうと思ったし、

そうなっても仕方ない。

わたしももう疲れた。

そんな状態でした。

揉めた原因はわたしのめんどくさい性格なのですが、彼は彼で言葉が足りないんじゃね?!!とも思って。

だけど彼の話を聞くと、彼がどれだけわたしのことを想ってくれていたか、

いかにわたしは自分のことしか考えていなかったかが分かりました。

揉めた内容はまた改めて書こうかな😌


彼から、


彼「しばらく距離を置いた方がいいかなって思った。ずっと同じことの繰り返しだし、どうしたらもうこんなことにならないか考えてみて、距離を置く以外の方法が思い浮かばない。chiharuはどう思う?」


と言われました。

わたしはもう完全にフラれると思っていたので、彼のその言葉が意外でした。

それくらい彼はわたしに心を閉ざしていたので。


わたし「あなたがそう決めたならそうしよう。わたしもそれでいいと思う。」



彼「決めたっていうか、ほかに方法が思いつかないからchiharuに相談してみようと思って。」



わたし「方法は、わたしが変わるしかないと思ってる。だけどもう何度も変わるから!って言って結局わたしは変われてない。変われる自信もないし、あなたに信じてもらえるとも思えない。今は疲れてしまって、変わろうって頑張れない。」



彼「距離を置いてみたら、改めてお互いの大切さが分かるんじゃないかな。今は会いたいって気持ちが起きないし、好きって素直に言えない。」



彼も、別れたくはないんだなと思いました。

だけど怒っている、参っているのは確かだから、今はわたしがなにを言ってもダメだなと思いました。

結局、その後もLINEは普通にしてましたが、会うこと、電話は一切しませんでした。

こんなに長く彼の声を聞かなかったことは初めてでした。

5日くらいなんだけどね笑



そして彼がわたしの働くお店の巡回の日、わたしは久しぶりに彼に電話をしたいと伝えました。

お昼休みに彼から返事がきて、すぐ電話をかけました。

わたし欲張りだから、声を聞いたら会いたくなってしまって。。


わたし「今から会えないかな?」


と、言ってしまいました。

彼を困らせちゃいけない。

彼が自分の本当の気持ちが分かるまで

「会いたい」や「声聞きたい」は封印しようと決めていたのに。


わたしのお願いに、今までどおりの優しい口調で、


彼「いいよ😊」


と言ってくれました。

なにを話そうかとか、でも話したいこと伝えたいことはたくさんあって。

「会いたい」も「声聞きたい」もずっと言いたかったこととか。

久しぶりに彼に会うと、彼は揉める前と同じ、楽しくて優しい彼でした。

いつものわたしたち通り、しょーもない話して2人で笑って。

やっぱり彼といると心地良い。

しばらくして2人で無言になると、彼が話し始めました。


彼「今日は、chiharuにフラれるんだろうなと思って来たよ。中途半端な状態でchiharuを待たせてたし、こんな状態なら別れるって言われても仕方ないなって思ってた。俺は別れるとか考えてないけど、chiharuが話があるならちゃんと聞こうって、それが例え別れ話でも全てを受け止めようって思ってた。」



わたし「わたしは別れたくないよ。」



彼「久しぶりにchiharu見てさ、やっぱり可愛いなぁって。なんでこんな可愛い子が俺のこと好きなんだろうって思ってる。chiharuを見てると可愛いくて吸い込まれそう。距離を置こうって言ったのは俺なのに、会いたいとか声聞きたいとかハグしたいとかチューしたいとか言っちゃいけないってずっと思ってた。なにかある度に、chiharuに話したいって思ってて、それはいつも通りで。だけどそうだ、俺が距離置こうって言ったんだ。電話したいとか会いたいとかそんなお願いしちゃダメだって、仕事の帰りも毎日落ち込みながら運転してたよ。」


わたし、もう号泣でした。

彼も同じ気持ちだったんだ。

会いたい、声聞きたいって思ってくれてたんだ。それが嬉しくて。


彼「そりゃそーでしょ。いつだって同じ気持ちですよ😌」


彼の優しい言葉。



彼「でも、距離置こうって俺言っちゃったし、、男に二言はないって言葉もあるでしょ、、、?」



まだそんなこという?と思いながら無言で彼をじーっと見つめてたら、


彼「(距離置くの)やめよっか😭‼️」



とチューしてハグしてくれました♡笑

すごく強い力でした。


彼「やっぱり落ち着く😌あ!でも一つ言っていい?」


なになになにー😱

怖いよー😱



彼はわたしの顔をじっと見ながら、



彼「好きだよ😊」


と言ってくれました。

わたしは泣きながら彼に抱きつきました。


彼「ずっと言ってなかったでしょ😌」



そう。彼から、

「今は素直に好きって言えない」と言われてから2人の間から消えていた言葉。

彼がちゃんと自分から言ってくれました😌


それから彼は仕事に戻りました。

車の中からも


「す・き」


と口パクしてくれて😍

久しぶりに気持ちを通わせ合うことができました。

今回はすごく辛かった。

本当に本当にもう、二度と同じことは繰り返したくありません😣

繰り返しません!!


彼がまたわたしのことを可愛いと思ってくれてよかった😭

それがなかったら多分終わってたと思う😂


いつも優しく素敵な彼に見合う女性になります。

彼を支えてあげられる彼女に。


また気持ち新たに頑張ります😊‼️