chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

最善はなんだろう

彼から指輪をいただきました。

わたしのお誕生日に指輪が欲しいなぁとお願いしていて、でも彼はずっと忙しかったので少し遅れてのプレゼントでしたが、いつも身につけていられるモノが欲しかったのでとても嬉しかったです。


そしてその指輪をもらった日、彼の今の状況を聞きました。

彼には中学三年生の子供ちゃんがいます。受験生。

受験生のいる家庭はやはりピリピリしているらしく、奥さんもフルタイムで働きながら家のこと、子供のことをして、受験生の子供ちゃんは反抗期でその対応も大変らしく奥さんが壊れ気味だと。今までなんでもかんでも奥さんに任せすぎて負担かけすぎてたから、なんとかしなきゃいけないと思って、なるべく休みの日は家のことをするようにしてると。その状況だけchiharuに理解して欲しいと。


わたしは、家族を大切にする彼が好きです。子供ちゃんのことを大事に思い、奥さんの負担を減らしてあげたいと思う優しい彼を本当に尊敬しています。

彼の家族にとって、彼が良き旦那様、良き父親でいることが一番良いんだと分かっているのに、心の狭いわたしは寂しくなってしまいました。

子供のことは気にならない。わたしも子供が一番大切だから、

でも、奥さん...。奥さんの負担を減らしてあげたい=奥さんを支えたいということだよね?

そしたらあたしはいない方がいいよね?

おうちのことに仕事に毎日大変な彼。

休みの日も休みにならない生活。

彼の負担を一つ減らすには、わたしの存在がなくなるのが一番だよね?

きっとそんなこと彼にいったところで優しい彼は『chiharuは負担なんかじゃないよ』と言ってくれる。

でもそれは無理させてるんじゃないかな。わたしがいなくなったら、ホッとするんじゃないかな。。

わたしはどうするのが一番いいのかな。


分からないまま日々が過ぎていきそうです。