chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

無題

仕事と家庭とプライベートのことでちょっとあって、気持ちが沈んでいた今日。

彼とは全く関係のないことばかりなのに、なぜか彼への気持ちも下降してしまい😅

家の仕事を一通り終わらせてから一人部屋にこもって音楽を聞きながら涙なんか流していたら、仕事終わりの彼からいつものように終わったよLINEが。



「少し声が聞きたいな😌」



と書かれてありました。

いつも彼の仕事終わりに電話するときは、彼からの終わったLINEが届いたらすぐにわたしが電話をかけるのがお決まりなので、彼がそんな風に言ってくるなんて、なにかあったのかなぁと思ってすぐに電話をかけました。



わたし「もしもし。お疲れ様😊なにかあった?」



彼「ん?なにもないよ😊俺だってたまには声聞きたいって言ってもいいでしょ?ダメ?」



わたし「ダメじゃないよ😁珍しいなって思ったの😌」




彼「珍しいとか言わないで😣いつもさ、chiharuは忙しいかなぁとか、電話しずらいかなって思っちゃって言えないでいるんだけど、たまには俺だって言ってもいいでしょ😌?」



あーなんだか、このタイミングでこんなこと言ってきてくれるなんて。

もちろんわたしが落ち込んでいたことは彼は知らないんだけど、

やっぱりわたしたち繋がってるなぁと思いました😌


そして、普段わたしへの配慮のしすぎでほとんどお願いごとやわがままを言わない彼。

今までの恋愛では自分が幸せにしてもらうことばかり考えてきたわたしが、

彼に対しては心から、幸せにしてあげたい。彼が望むことを全て叶えてあげたいと思えるのです。

やっぱりわたしは、彼だから一緒にいる。

彼だからこんな関係になったんだなぁ。



前に彼とこんな会話をしました。




わたし「あなたは甘えん坊だもんね♡」




彼「そんなこと初めて言われた。今までの人に言われたことないよ。」



この会話をしたときは、彼のことを甘えん坊って思うわたしは器が小さいのかな?


奥さん含め、今までの彼女さんたちは当たり前のように彼を受け止めてきたから甘えん坊とは思わなかったのかな。


わたしは奥さん含め、今までの人には適わないんだなぁ。。


と凹みました。

でも最近、違うんじゃないか?とふと思ったのです。

彼が甘えん坊だと気付いたのはわたしだけなんじゃないかな。

彼が寂しがり屋だって気づけたのはわたしだけなんじゃ?

だとしたら、そんな彼を甘えさせてあげられるのはわたししかいないんじゃないかな?

って。

ものすごいポジティブですよねごめんなさい😂笑


でも、もしそうなら、やっぱりわたしと彼は一生一緒にいなきゃいけない。

いけないというか、一緒にいることが正解なんじゃないかと。

ふと思ったのです。


いつか、彼にも話してみようかな😌

わたしのうぬぼれが過ぎてたら恥ずかしいけど😂



そんな、落ち込んでいたところからほっこりできた今日でした😊