chiharuharuchiのブログ

彼との時間の一つ一つを形に残すために始めます。

無題

仕事と家庭とプライベートのことでちょっとあって、気持ちが沈んでいた今日。

彼とは全く関係のないことばかりなのに、なぜか彼への気持ちも下降してしまい😅

家の仕事を一通り終わらせてから一人部屋にこもって音楽を聞きながら涙なんか流していたら、仕事終わりの彼からいつものように終わったよLINEが。



「少し声が聞きたいな😌」



と書かれてありました。

いつも彼の仕事終わりに電話するときは、彼からの終わったLINEが届いたらすぐにわたしが電話をかけるのがお決まりなので、彼がそんな風に言ってくるなんて、なにかあったのかなぁと思ってすぐに電話をかけました。



わたし「もしもし。お疲れ様😊なにかあった?」



彼「ん?なにもないよ😊俺だってたまには声聞きたいって言ってもいいでしょ?ダメ?」



わたし「ダメじゃないよ😁珍しいなって思ったの😌」




彼「珍しいとか言わないで😣いつもさ、chiharuは忙しいかなぁとか、電話しずらいかなって思っちゃって言えないでいるんだけど、たまには俺だって言ってもいいでしょ😌?」



あーなんだか、このタイミングでこんなこと言ってきてくれるなんて。

もちろんわたしが落ち込んでいたことは彼は知らないんだけど、

やっぱりわたしたち繋がってるなぁと思いました😌


そして、普段わたしへの配慮のしすぎでほとんどお願いごとやわがままを言わない彼。

今までの恋愛では自分が幸せにしてもらうことばかり考えてきたわたしが、

彼に対しては心から、幸せにしてあげたい。彼が望むことを全て叶えてあげたいと思えるのです。

やっぱりわたしは、彼だから一緒にいる。

彼だからこんな関係になったんだなぁ。



前に彼とこんな会話をしました。




わたし「あなたは甘えん坊だもんね♡」




彼「そんなこと初めて言われた。今までの人に言われたことないよ。」



この会話をしたときは、彼のことを甘えん坊って思うわたしは器が小さいのかな?


奥さん含め、今までの彼女さんたちは当たり前のように彼を受け止めてきたから甘えん坊とは思わなかったのかな。


わたしは奥さん含め、今までの人には適わないんだなぁ。。


と凹みました。

でも最近、違うんじゃないか?とふと思ったのです。

彼が甘えん坊だと気付いたのはわたしだけなんじゃないかな。

彼が寂しがり屋だって気づけたのはわたしだけなんじゃ?

だとしたら、そんな彼を甘えさせてあげられるのはわたししかいないんじゃないかな?

って。

ものすごいポジティブですよねごめんなさい😂笑


でも、もしそうなら、やっぱりわたしと彼は一生一緒にいなきゃいけない。

いけないというか、一緒にいることが正解なんじゃないかと。

ふと思ったのです。


いつか、彼にも話してみようかな😌

わたしのうぬぼれが過ぎてたら恥ずかしいけど😂



そんな、落ち込んでいたところからほっこりできた今日でした😊

バレンタイン

バレンタインデートしてきました♡

といってもずっとお部屋だったけど😍💓

久しぶりにゆっくりできました😌

朝は8時半に集合!早😂

わたしの住む町だったからわたしは時間には余裕あったけど、彼は大変だっただろうな😣


お部屋に入って、彼がお風呂を沸かしてくれて、それからテレビ見ながら朝ごはんのヨーグルトを食べる。

CMに久しぶりに見る女優さんが出てて、



わたし「わぁ~この人久しぶりに見た。学生のときよくこの人に似てるって言われてたんだよぉ。合コンとかでめっちゃ言われた(笑)」



彼「合コン?ふ~ん😑」



わたし「昔の話だよ😅?」



彼「合コン楽しかった😒?」




と拗ねながらわたしを責めてきました♡

可愛い~♥️



まずイチャイチャして、お風呂入ろって彼に言われて一緒に入って、すぐに汗をかくわたしを見て「chiharuあついね💦もう出よっか」と手を差し出してくれる。ほんとに優しいなぁ(;_;)

そしてベッドでイチャイチャしながら、二ヶ月ぶりの愛の確認。

その時に、彼はあんまりわたしにあぁして欲しいこうして欲しいと言わないねって話になりまして。

わたしは彼に言ってばかりで、彼はそれを全て受け止めて実行してくれるんだけどわたしは全然できてないなぁと思って。そしたら彼が



彼「昔嫁さんにこうして欲しいって言ったときに(性的なことではなく家庭のことで)、そうやって圧をかけるのやめて!って言われた時があって、別に圧をかけたつもりじゃなかったけどそれから自分の要求を人に押し付けちゃいけないんだなって思ってそれから言わなくなった。」



と話してくれました。

その話を聞いて、なんとも言えない気持ちになって😣

彼の望みをわたしが全て叶えてあげたい!!と心から思いました。

奥さんは知らないのかな。忘れてしまったのかな。いや、分かってて、なにもしないだけなのかな。

彼は人一倍寂しがり屋なんです。

ほんとはすごく甘えたい人なんです。

一生消えない愛が欲しい人なんです。

だけど裏切られる辛さを知ってるから

期待するのが怖いんです。

傷つくのが怖いんです。

彼のそういう姿を今一番分かってるのはわたしだけだと思う。

それは自信持って言える。

やっぱり、わたししかいなくない?

彼を丸ごと包み込んで、ずっと一緒にいられるのわたししかいないよね?

と、ものすごいプラス思考が働きました(笑)



愛の確認が終わって、お昼ご飯を食べて、オリンピックを見ました。

見てる間はずっと手を握ってるわたしたち。

片時もわたしの手を離さずペットボトルのふたも片手で開けて片手で飲んでた彼😂

オリンピック、二人でハラハラして、


「緊張するぅぅ」



って二人で寄り添って。



「メダルの瞬間を一緒に見れるなんてすごいねぇ😍」


って二人で話しました。

それから彼のおうちの夕飯メニューを一緒に決めて、YouTubeを見て、少しお昼寝😌

わたし、寝る時は人にくっついていられない人なので彼が寝たあとに彼から少し離れて背を向けて寝ていたら、途中目を覚ました彼がうしろからわたしを抱きしめてきてまた眠りについて。

はぁ、幸せだったな😌



そろそろ帰らなきゃいけない時間のとき、あまりに寂しくて拗ねてしまったわたし。



彼「chiharuどしたの?」



わたし「なんでもない😔」



彼「あ。またそうやって言いたいこと飲み込む。また自分の中で溜め込むの?ちゃんと言うって約束でしょ?」



わたし「...寂しい。。」



彼「俺もだよ。」




わたし「うそだ。わたしだけが寂しい」



そしたら彼が、話してくれました。




彼「chiharu、殺したいほど愛してるって気持ち分かる?相手が自分のことを好きでいてくれてるうちに殺してしまえば自分だけのものになる。誰にも取られない、渡さない。誰にも触れられない。永遠に自分だけのものにしたいって気持ち。俺chiharuにこう思うの。」と。


その話を聞いて、わたしにはよく分からないなーと。

わたしも、自分だけを好きでいて欲しい、誰にも取られたくないとは思ってるけど、でも相手がいなくなってしまうのが嫌だから、殺したいほどっていうのは分からない。と答えました。



彼「そういう考えの人もいるよね。殺してしまったら、その人の笑顔も2度と見れない、声も聞けない。まぁ、どっちが正しいとかそういうことじゃないんだけど。あ!あと理性があるから殺しはしないよ?笑」



殺されるとはわたしも思ってないけど、要は、それだけ想ってくれているんだなってことで。

それは素直に嬉しかったな😌

ここまで愛してくれる彼になら、殺されてもいい。とわたしも思いますが、

でも今は無理。笑

子供の成長をまだまだ見たい。

子供のそばにいてあげたい。

それは彼も一緒。

そしてわたしが大切なものを彼にも大切に思って欲しい。

彼の大切なものをわたしも大切にしたい。

うん、わたしの望む関係はこれだな。

わたしたちの理想の関係だなと改めて思えました。



お家に帰ってからも彼とLINE。

お料理中の彼から


「chiharuー!〇〇ってなにー😣」



とヘルプLINEが届きます。



「こういうことだよぉ」


と画像付きでお返事。

そして完成した写メが送られてきました♡

幸せだ😌

彼といてもいなくても幸せなんて、

わたし、幸せ者だなぁ😊

とても素敵な一日になりました。


あ!バレンタインは、食べられるチョコの種類が少ない彼なのでチョコはやめて、お酒をプレゼントしました😚

喜んでもらえてよかった✨

色々と教えていただいた皆様ありがとうございました♥️

来年かはたまたいつかは(笑)、手作りしようかな♡



そんなこんなで、幸せなバレンタインとなりました✨

どうか無事に...

昨日も彼の仕事終わりに1時間ほど電話♡

職場で一緒になれた話をして、



彼「やっぱり仕事中のchiharu見るとキュンキュンするんだよなー♡chiharuって普段着は女の子っぽいでしょ?でも仕事のときは違うから、すごいギャップ萌え!!」


そんな風に思っててくれてたなんて恥ずかしいけど嬉しいなぁ💓


そして、わたしがお家で転職の話が出てるという話を彼にして。

前からちょいちょいその話はあって彼にもしてて、とりあえず様子見って感じだったんだけど、もしかしたら近々動き出さなきゃいけないかもで。。

彼は前から、わたしの仕事が変わるのを不安がっていました。

彼もいる会社のわたしじゃなくなること、新しい職場で他の男の人に気に入られること、そしてわたしの気持ちがそっちにいってしまうんじゃないかということが不安だと。



彼「今の会社で出会って、そこで結ばれたから、chiharuと共通のものが減っちゃうのが寂しい。し、不安」


と話してくれました。

彼とまだこの関係になる前、彼が直属の上司だった頃にも1度辞めるという話をしてあって、その時は仕事最終日に彼に引き止められて結局今の会社に留まりました。



彼「chiharuに辞めるって言われたとき地獄だったよなー。もうchiharuさんの笑顔が見れなくなっちゃう。俺のモチベーションが。って。仕事でchiharuのこと見れなくなるって思ったら怖くて、chiharuと面と向かって話せなかった。だから引き止めるのが最終日になっちゃって💦」



そっかぁ。そんな風に思ってくれてたんだぁ。

わたしはてっきり、従業員が減ると仕事的に困るから引き止められてるだけで、辞めるって人にはみんな止めてるんだろうなぁって思っていて😅

でもそういえば会社に残ると決まった後、何人かの先輩に、


「なんて言って引き止められたの?」


って聞かれたなー。

やっぱり彼が引き止めるって珍しいことだったのかな??

そう聞いてきた先輩たちは彼のことを慕っている人ばかりだけど😅

だから気になっただけかな😌


とまぁ、懐かしい話をして、彼の気持ちも聞けてほっこりしました♡



さて。まだ明日のデートの予定は生きてます(笑)

なんかちょっと、ギリギリまで分かんないなーっていう不安はまだ拭いされない😓

最近彼のお休みの日に奥さんが色々用事を言い渡す傾向があるので。。

もしかしてなんか疑われてるかな?

だとしたら、バレンタイン当日の明日。

疑いますよね。。

万が一デート予定があるなら潰してやると思うだろうし。こわい(笑)

いや、潰されたら笑えない😭

でももしダメになっても仕方ない。

疑われてバレたら一番最悪なパターンだから。。

でもでもどうか(>人<;)

明日無事に彼と会えますように🙏🏻